So-net無料ブログ作成
検索選択

自分の思いばかりをぶつけるようなモノが、必ず良いものではない。兄弟が作り出す、トライしてクリアする楽しさのブランド!出来るようになったアイテムは? [Boots の はなし]






「 モノづくり一家 」の、


一員として、


辿り着いた答えが、

「 革製の靴作り 」だった。






















小さなころから、


革に触れて育ちました。









父が、


「 レザーアーティスト 」


だったからです。










兄は、


小学校の頃に、


自分用の革カバンを、


自作していました。










「 自分は・・・・・・・・ 」






















ですが、


兄も悩んでいたよーです。










「 自分はいったい何を作る人になるのだろうか ? 」


と・・・・・・・・









そして兄は、


20歳の時に、


イタリアへ渡ります。










語学学校に通い、


悩みながらも、


何かを身に着けたいという気持ちは、


街を さまよいながら、


ふと立ち寄った時に見せられたのが、


「 父親と同じ手 を した おじいさん 」


だった と 言います。










その店は、


アクセサリー工房で、


毎日通いつめた結果、


いつの間にか手伝いをするよーに成り、


「 アクセサリー作りを 学んだ 」


と、


言います。






















そして兄は、


帰国後に父親の仕事を手伝い、


オーダーメイドにより、


オーストリッチやクロコダイルの、


カバンを作る事で、


多くのことを学びます。









そして2年間、


父親の元で 修行をして、


イタリアのアクセサリー工房での、


経験も元に、


1997年、


シルバーアクセサリーと革小物を扱う、


ブランドショップをOPENします。










その ブランド とは、


鳥取県米子 育ちの、


「 LEATHER&SILVER MOTO : レザー&シルバー モト 」


です。



















革製の人形などを作る、


レザーアート 第一人者の、


「 本池秀夫氏 」が 父親 という、


兄「 本池大介 」と、


弟「 本池作人 」の、


兄弟による ジャパンブランド です。










弟の「 作人 」 は、


美術大学で彫刻を学んだのですが、


当初


「 靴作りの素地はなかった 」


と、


言います。












ですが、


OPENから4年たった2000年に、



「 MOTO の、靴を作りたい 」と、



ブランドに加入し、


兄「 大介 」と 同様に、


モノづくり一家の一員として、


革製の靴作りに 辿り着き、


1年ほど 試行錯誤を繰り返し、


兄が「 MOTO らしい ! 」と、


満足いく 第一号の 靴 を、 


完成したことにより、


「 MOTO の 靴 」が スタートしました。






















「 Uチップハイカット 」


などは、


長時間歩いても疲れにくいのが特徴で、


ホーウィン社のクロームエクセルレザーを、


アッパーに使用し、


無骨さと上品さをあわせもつ、


独特な雰囲気の一足に仕上がっています。










カントリーブーツの、


代名詞的な、


「 ウィングチップハイカット 」も、


アメリカの老舗タンナーである、


「 HORWEEN : ホーウェン 社 」の、


クロームエクセルレザーを使用しており、



メダリオン付きのウィングチップモデルで、


履き込む程に、


柔らかく深みのある色へと、


変化していく、


永く愛用できる一足です。























1人でできることには、


「 限界があるものだ 」と、


考える 兄 大介氏は、


弟の靴が加わったことで、


「 MOTO 」の、 


「 可能性が広がったと感じた 」と、


言います。









ただ一方で、


売れているアイテムが、


「 自分が作りたいものか ? 」


というと、


違っていて、


自分がカタチにしたいイメージの、


葛藤から、


「 自分が作りたいものをわかってくれる人に見せたい 」と、


東京で、


お店のOPENを、


考えるようになります。






















そして2003年に、


青山店をOPENしますが、


全く売れない1年を過ごします。










売れない理由も わからなかったのですが、


スタイルを変ず やり続けたことによって、


少しずつ知られる存在へと・・・・・・・・。











そして東京にOPENしてから、


来年で15年を目の前にし、


米子で葛藤していた感覚は、


「 誤りだった事に気がついた 」



と・・・・・・・・。























当時 作りたかったイメージが、


「 良いモノ 」という 錯覚 で、


逆に「 売れるモノを作っている 」と 思って、


作っていたモノが、


むしろ「 良いモノ 」と、


感じられたのが、


自分の思いばかりを、


ぶつけるようなものは、


「 必ず良いものではない 」


ということに 気がついた と言います。






















この 目が離せない、


兄の 本池大介氏 と 弟の 本池作人氏 による、


日本製の兄弟ブランド、


「 LEATHER&SILVER MOTO : レザー&シルバー モト 」は、


伝統的な手仕事を継承しつつも、


感覚的なアートワークまでこなす、


素直に 人気で お洒落な、
 

ジャンルにとらわれない、


様々なアプローチで、


レザーアイテムから、 


トライしてクリアする楽しさを、


作りだしてくれています。



























読んで頂いて、



ありがとうございました。





また、 ぜひ!


お時間空いた時に、


お越しください。





宜しくお願い致します m(__)m















これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m














nice!(327)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 327

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m