So-net無料ブログ作成
検索選択

「仕事の達人」と言う名の、ほゞ70年に渡り作り続けれているブーツ!家族の工房から始まり、需要を掴んだジョブマスターとは!? [Boots の はなし]






1938年から造り始めて、


現在も世界中で愛用されている、


「仕事の達人」と言う名のBoots。




















その名の通り、


様々な仕事に対応できることから、


この名が付けられました。











ブランドの中でも、


最も人気なモデルであり、


カスタムの種類も豊富で、


アーティスティックなお洒落度が高くて、


仕事だけではなくタウンユースにも、


好まれ、


愛用されているブーツです。



















そのブランドは、


John Henry Shoemaker : ジョン・ヘンリー・シューメイカー が、


1918年に、


ロガーブーツをメインとした、


ハンドメイド・ブーツメーカーとして、


工房を開いたのが始まりです。










当時は、


職人を雇う余裕がなかったため、


妻と子供6人で協力し合い、


家族8人で、


良くて1日8足という生産効率で、


ロガー : 

(木こりと呼ばれる山林の伐採を主とした仕事をする人)



の現場に足を運び、


直接ブーツを販売していました。










Wesco : ウエスコ です。




















このブランド名は、


West Coast Shoe Company ウエスト コースト シュー カンパニー


という頭文字の略で、


Wesco : ウエスコ と言うのです。









WHITE'S BOOTS : ホワイツブーツ と並び、


「キング・オブ・ブーツ」と称される、


ワークブーツブランドの ちょー老舗であります。




















創業当初に手掛けていた、


ロガーブーツは、


名前のごとく、


山林で働く人たちに向けたアイテムで、


そのブーツのど定番となるのは、


くしくも、


WHITE'S BOOTS : ホワイツブーツ の、


スモークジャンパー です。




















Wesco : ウエスコ が、


ジョブマスターを作り始めた 1938年は、


アメリカで移動の動脈となる、


鉄道のインフラ整備作業が、


需要を増していきます。










伝説Bootsである、 


Jobmaster :ジョブマスター は、


その 鉄道ラインワーカーに、


大ブレイクします。










その理由は、


スチールtoe つま先の鉄芯 です。










屈強な男たちのみならず、


女性も 労働の現場で、 


たくましく仕事をしていた時代に、


男女問わず 何トンもある レールを前にして、


バッキバキに仕事ができるブーツが、


ウエスコ ジョブマスター だったのです!





















鉄が入っている為、


重いわけですが、


常にこのブーツを履いている人は、


この重量が当たり前であり、


「下半身に肥満の問題を持っている」


なぁ~んて人は、


履きこなせませんかねぇぇぇ??? 










ですが、


何の達人であっても、


自分が毎日愛用することで、


「無意識的にダイエットに成っている」


ともいえるでしょー!










レースアップのスチールトゥであり、


クラシックブーツである、


ウエスコ ジョブマスター。





















さまざまな職業に適応するように、


カスタムの幅を広くされた、


無骨な雰囲気から、


一気に落ち着いた佇まいのアイテムも、


あなたの足へと変化していきます。























お時間頂いて、


ありがとうございました。








また、


お時間ある時に、


ぜひ!

お越しください。





宜しくお願い致します。















これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m














nice!(60)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 60

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m