So-net無料ブログ作成

「ハンドメイド」にこだわり続ける、「スタンダード・定番」とは、世代どころか、時代をはるかに超えた、口コミ拡散のキング! [Boots の はなし]


















アメリカでの、


南北戦争より昔に、


ある男が、


ウエストバージニア州の、


林業従事者立ちのために、


滑り止めとして、


靴の底にを釘で打ちつけたブーツを、


ハンドメイドで作っていました。









男は、


南北戦争終了後に、


アメリカ北西部の、


木こり(森林伐採などに携わる労働者)


たちのため、


「世界で最も品質の高いブーツを造る」


と 目標を掲げ、


彼らが 「 木こり用ブーツ : ロガーブーツ 」


(ロガーとは 木こり の事) を、


本気で作り出します。











そのBootsを履いた労働者たちは、


その品質 ブーツの丈夫さや、


履き心地の素晴らしさを、


口コミで仲間へと伝え、


急速に、


そのロガーブーツと高い評価が、


広まります。











「キング オブ ブーツ」と称されるブランド、


 WHITE'S : ホワイツ の 起業ヒストリーです。

















「 ロガーブーツ 」自体の歴史は、


もっと古くからのルーツがありますが、


それを、


一般的に、


世に知らせしめたのは、


WHITE'S : ホワイツ です。












一言で 「 ロガーブーツ 」


と、


言っても、


何種類かありますが、


「ロガーブーツの代名詞」と言えば、


WHITE'S : ホワイツ の、


「 SMOKE JUMPER : スモーク ジャンパー 」 


です。




















White's Boots の、


モデルの中でも、


最もカスタムバリエーションが多く、


一目見れば 「 それ 」 と分かる、


ワイルドなデザインもあり、


他のブーツでは味わえない事が、


魅力の1つです。



















「 ロガーブーツ 」の、


名前の由来は、


「 木こり 」ですが、


スモーク ジャンパーは、


激しい仕事や状況に挑む、


消防士達やハンターと言った、 


ハードワーカーに愛され続けています。



















White's 独特の、


「ARCH EASE製法」(土踏まずの膨らみ)


によって、


絶妙で自然なフィット感を得られて、


「長時間歩いても疲れない」


というブーツであり、


インソールとアッパーレザーは、


「アイリッシュ・リネン」という、


極太の糸を使用し、


熟練の職人の手で縫製されて、


外部からの水の浸透を、


ほゞほゞ防ぎます。


















大多数のブーツメーカーが、


機械でのブーツ製造に移行して行く中で、


「ハンドメイド」にこだわり続けるホワイツは、


1915年に、


ワシントン州スポケーンに移転してからも、


現在も変わらずに、


最高のマテリアルで、


匠の製法で、


クラフトマンシップを誇りに、


100年を超える歴史を紡いでも、


むかぁぁぁ――――――――しからの、


アイテムを、


リリースし続けてくれています。






























お時間いただき、


ありがとうございました。





また、


ぜひ!


覗いてみてください。





宜しくお願い致します。













これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m














nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました


これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。