So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

主力商品であるドライバーは、日本産のトップブランドで、日本国内シェア約60%を占める! 日本初のプラスドライバーを開発したブランドとは!? [本職より凄い!工具・Tours・道具 ]


「 コスパ 」とは、


「 コストパフォーマンス : cost performance 」の略で、


価格と価値、


費用と効果を、


対比させた度合いのこと・・・
























コスパが良いことから、

 
プロの中にも愛用者が多い、


日本一愛用されている、


ドライバーをはじめとする、


         大和魂 。










当時15歳の、


田口儀之助が、


田口鉄工所を創業して、


ドライバーの生産を始めるたのが、


1916年と言います。










オリジナルの、


日本国産ドライバーを作り上げた、


「 VESSEL : ベッセル 」です。























「 ヴェッセル じゃねぇーのー !? 」と・・・


・・・


突っ込まないでください m(__)m





 お気持ちは・・・わかります (・_・)







ブランド設立が、


1933年であり、


英語で「 大きな船 」を意味する、


「 VESSEL : ベッセル 」が、


品質を保証するマークとして、


製品につけられ、


躍動流通を開始しました。


















その後1937年に、


「 木柄貫通ドライバー 」を開発します。






















開発から ちょうど 80年を迎える、


今年 2017年 においても、


主力マイナスドライバーとして、


流通していて、


プラスチックでは到達できない、


使用感の良さが、


多くのプロフェッショナルに支持されています。











そして何より、


日本国産初のプラスドライバーを、


開発したブランドであり、


それが1950年に行われ、


その2年後となる、


1952年には、


国産初の樹脂製柄ドライバーを創り、






















大ヒットの功績の後、


現在の最強国内シェアを、


不動のドライバーブランドとして、


王者に君臨しています。










その 仕事は、


1954年、

射出成型プラスチックドライバーを開発。






1975年、


世界初の「サンラインドライバー」を発売して、


国際商品となります。








そして何より、


皆さん なんとなくでも、


1度は見かけたことがあるのでは ???


1984年に発売した


「ボールグリップドライバー」



















持ち手部分が、


ボール型になっているドライバーではありますが、


「ボール型に成っているだけww」と、


あなどるべからず !!! でっす !!!










よく 錆びてしまった プラスのネジを、


「ヌルっと」やっつけてしまう事が、、、、、、、、







この「ボールグリップ」が、


どれほど使いやすくて !!!


どれほど力が入れられて !!!


どれほど優れている事か !!!!!!!!










このドライバー持つことで、


ねじ回しの達人になりました !!!!!!!!










大ヒットと成った事は言うまでもなく、


更にその後にリリースした、


「 ボール ラチェット ドライバー 」




















これは、


どれだけ素人な あなたでも !


その瞬間に、


プロに成ります !!! 











その後の、


「 VESSEL : ベッセル 」は、


1987年から、


スウェーデンの、


Qマティック社と提携し、


Qマティックツールを取り扱う一方で、


同社の工具もスウェーデンより、


海外に販売されています。











そしてまた、


フランスに駐在事務所を置き、


その他 タイなどに生産工場を所有。










日本においては、


京都府福知山市と、


和歌山県橋本市に、


グリーンホームセンター











という、


工具をはじめとして、


雑貨などを幅広く扱う、


大型小売店を経営しています。






















あなたは、


あなたの人生のドライバーであり、


そのステアリングは、


誰も動かすことはできません。










あなたじしんの手で、


回して・ゆるめて・しめる事が、


活き活きと時間を過ごす事になり、


ドライバーの日本国内シェア約60%を占める、


made in Japan ドライバー №1 の、


「 VESSEL : ベッセル 」が、

きっと 役に立ちます !!!!!!!!
































読んで頂いて、


ありがとうございました。




また、お時間ある時に、


ぜひ!


お越しください。




宜しくお願い致します m(__)m
















世界で誰もやっていない、高度な職人技を、日本から世界へ!誇り高き made in Japan は、意識と行動に響く!!! [革ジャン ほしー!]

あなたの毎日に、


どれほどの、


「 自信と誇り 」を、


持っていますか???







  まずは!! 日本人として・・・





















世界で誰もやっていない、


誇り高きウエアを、


世界に発信することを、


コーポレートアイデンティティとしているのです。










 「日本には、


 世界的にも稀な、


 高度な職人技が、


 アパレル産業にも、


 数多く存在している」











 「このような職人技を後世に残していきたい。」






















社長の小林昌良が、


国内生産にこだわる理由として、


述べている言葉です。










1996年創業の、


「 The Flat Head : ザ・フラットヘッド  」










手掛けるアイテムは、


全て日本国内生産であり、


本気で、


「メイド・イン・ジャパン」にこだわった、


高品質の衣類を提供しています。








岡山県での製造が多い、


「 デニム 」が、


有名なブランドではありますが、


レザーアイテムは、


長野県千曲市に拠点があります。























 The Flat Head : ザ・フラットヘッド の、


ホースハイドは、


マジメに厳選されたもの、


レザーの時点で使用し、


むやみなコーティングを施すことなく、


そのルックスとはギャップが大きい、


「 馬革 」本来の、


「 しなやかな風合い 」を持ったアイテムです。












「 ホースハイドのイメージ 」が、


衝撃的に変わるジャケットは、


「この日本で、日本の職人が作った」 と、


いわれると、


強力に! 誇り高く! 


愛用し続けられる! ジャケット なのです!!!





















        ↑  ↑  ↑

この「 SRJ-02 : エスアールジェイ‐ゼロツー 」に、


使用されているレザーは、


もともと、


1.3mm厚あったレザーに、


オイルをいれて、


特殊技術により、


1mmの薄さまで圧縮し、


繊維の密度が高くなる事で、


独特の光沢感とムラ、


そしてコシがあるジャケットに仕上がっています。












一度手に取ると、


普段、


自分がやっている事を、


見直して、


行動を変えてくれるほどである、


「  The Flat Head : ザ・フラットヘッド 」の、


リリースされているジャケット。









 













ホースハイドや、


ディアスキンならではの、


ハード感を兼ね備えながらも、


物凄くしなやかな仕上がり。










日本職人の「仕事」を、


十二分に味わえる原点は、


強力にシンプルな、


「 SRJ-01 : エスアールジェイ‐ゼロワン 」 です。
































読んで頂いて、


ありがとうございました。



また、


ぜひ! お時間ある時に、


お越しください。




宜しくお願い致します m(__)m











 ザ・フラットヘッド は、

  バッグも渋いっす!
   ↓  ↓  ↓

魂を入れて持ち歩く、他に類を見ない鞄!













パンクやヒッピーの定番!となった、世界的ブランドのBoots!怪我をする事で、開発して、発売したら・・・何とブレイクしたのは!? [Boots の はなし]

事業を開始して、


スタートから10年間の、


売り上げのうち、


80パーセントが、


40歳代の女性が お客様だった!
























新事業として、


1947年から、 


開発した靴を販売していた 2人の医師は、


その、


40歳以上の女性客のおかげで、


1959年には、


国際的に、


世界の「 靴 市場 」を、


視野に入れるのには、


充分なほどにまで成長していました。






















同時期に、


イングランドの、


靴製造メーカーである、


R. Griggs Group Ltd. : R グリッグス・グループ が、


この、


2人のドクターが開発した「靴」の、


イングランドにおける、


「靴製作」のための、


特許権を買い取り、


ネーミングを英国化して、


よりフィットするように、


カカトを細く改良し、


トレードマークである 黄色のステッチを入れ、


靴底を「 AirWair : エアーワイアー 」として、


商標登録をしました。






















1960年に、


片側が 8ホールの編み上げで、


カラーをチェリーレッドに仕上げた、


Nappa leather : ナッパレザー を、


マテリアルに使ったブーツは、


発売されたのち、


ポストマン : 郵便屋、


ポリスマン : 警察官、


ファクトリーワーカー : 工場労働者、


などの間で 大人気となります。











ドイツの、


クラウス・マーチン 博士 によって開発され、


友人である、 


ドクター ハーベスト・ファンク と 共に、


事業化された、


「 Doctor Martens : ドクターマーチン 」です。






















クラウス・マーチン は、


第二次世界大戦中に、


ドイツ軍に属していた医師であり、


休暇中に、


スキーをしている最中、


足首に怪我を負います。










彼は、


軍から支給されていたブーツが、


怪我を負った足に、


全く適さないことに気づき、


怪我から回復するまでの間に、


柔らかい柔軟な革を使って、


靴底に空気を充満させたゴムを用いた、


ブーツの改良案を設計しました。























戦後に、


マーチン博士は、


靴屋から革を 略奪!


その革を用いて、


現在、


世界的に有名となった「 靴底 」と組み合わせて、


彼は、


自分の手で、


ブーツを作り上げたのが、


ドクターマーチン 第一号です。










どんな??? ブーツ??? だったのでしょーか???
























その後、


クラウス・マーチンは、


ミュンヘンで、


大学時代の古い友人である、


Dr. Herbert Funck : ドクター ハーベスト・ファンク に、


再会します。











それまでは、


その靴を販売していなかったわけですが、


ハーベスト・ファンク は、


その「 靴 」の デザインに、


興味をそそられて、


二人は共に、


ドイツの空軍飛行場から出される、


廃タイヤのゴムを材料として、


ドイツ の ゼースハウプト で、


事業を開始したのが、


1947年なのです!!!



















いま、


世界的に有名になった、


快適で長持ちする靴底は、


その 世界ブレイク が、


パンクロッカーやヒッピーの間で、


定番となったわけですが、


当初は、


主婦など女性たちを中心に、


人気を博した「レディースの靴」だったのです。















読んで頂いて、


ありがとうございました。



またお時間ある時に、


ぜひ!


お越しください。




宜しくお願い致します m(__)m















江戸時代から続く、物づくりの伝統が生んだ、Japanブランド!日本初から世界市場を得た、ルマン採用メーカーが目指す「美」アイテムとは!? [本職より凄い!工具・Tours・道具 ]









  ↑  ↑  ↑

美容師の 「いのち」


と 言いましょうか?











むかーし むかし、


1940年代後半 ころの話です。








終戦後、


当時のアメリカでは、


ホームセンターなど、


工具や住宅用資材・作業用品と言った、


DIY商品を取り扱うお店が、


急激に成長していました。









このホームセンターやお店に向けた、


販売商品の工具として、


大量に輸出されるようになったのが、


日本製の工具類です。






















なかでも、


プラスチックニッパー等をはじめとする、


刃物類が、


日本製品特有の、


繊細で鋭い切れ味で高評価され、


北米市場でブレイクします。









その後、


ヨーロッパにも進出し、


現在では、


アジアなどでも使われており、


日本製刃物は、


世界各地で愛用されているのです。










それを、


リーダー的存在となって、


けん引してきたメーカーが、


Maruto Hasegawa Kosakujo INC.  : マルト長谷川工作所


です。




















創業者である、


長谷川藤三郎が、


東大阪で 「 ペンチ 」に 出合います。








どんな モノ だったのか ????????




プライヤー だったのか ?


ラジペン だったのか ?


それとも 鍛冶屋さんが使うよ―な、


ながぁ―――いモノだったのか ????????





何しろ、


1920年代前半の話ですから、、、、、、、、






その 「 ペンチ 」 に、


心を動かされ、


新潟県三条市にて、


1924年に創業します。








工具を作る上での、


強固な金属を作る為に、


鍛造マシンである、


スプリングハンマーを、


初めて新潟県に持ち込んだと言います。




















新潟県三条市は、


江戸時代からの、


全国有数となる 金属製品産業の、


伝統が受け継がれている地域です。









この伝統が、


マルト長谷川にも受け継がれており、


創業当初は、


大工道具である、


「締めハタ」を中心に、


手掛けていましたが、


のちに、


ペンチ ニッパー と、


刃物づくりのワールドチャンプへと、


進んで行きます。





















アメリカに進出した理由は、


当時の、


日本国内の工具市場が、


先行していた、


関西メーカーのシェアが強く、


その為に、


販売市場を海外に求めたのです。









海外進出前に、


ひとつのブランドを立ち上げます。










それが、


馬のマークの 「 KEIBA 」です。



















これが世界ブランドとして、


作業工具メーカーの集積地となる、


三条市においても、


パイオニアとして、


飛躍する事となります。











Maruto Hasegawa Kosakujo INC.  : マルト長谷川工作所


は、


単に、


「海外で業績を上げた会社」


ではなく、


その凄さは、


「 はさむ 工具 」に、 


おける市場のなかで、


多くの!


国内と 海外の、


有名総合メーカーにOEM供給しており、


そのクオリティーが高い事から、


多くの!


外国メーカーで、


研究対象とされています。



















更に!!!


プライヤの品質において、


レース界の「チーム・ルマン」に、


ラジエター修正工具の、


「メタペン」



















が、


採用されており、



ドイツ有名工具メーカーの、


「 クニペックス社 」と、


比較されるほどなのです!!!!!!!!










現在も、


躍動している、


Maruto Hasegawa Kosakujo INC.  : マルト長谷川工作所


は、


理美容用品の新ブランドとなる、


「MARUTO」を設立しています。


















ニッパー型 爪切り「 美爪の達人 」を含む、


ネイルメンテナンス用品や、


ペットのお手入れ用品など、


綺麗になる、


綺麗にする、


と言ったアイテムを、


かなり力を入れて、


リリースしています。





















世界レベルで、


綺麗になりませんか????????




















読んで頂いて、、


ありがとうございました。




また、


お時間ある時に、


ぜひ!


お越しください。




宜しくお願い致します m(__)m













愛用者の心を離さない「定番」「人気」の一流で屈強なジャケット!このアイテムに「ふさわしくなる」という事は!? [革ジャン ほしー!]

本当に!


スマートで、


健康で、


カッコ良く、


過ごしたいと思っていますか?



















私的ですが、


ウエブでもリアルでも、


革ジャンが好きで、


見かけると、、、、、、、、









コレクションしているつもりは、


無いのですが、、、、、、、、(〃´∪`〃)ゞ









レザージャケット と、


一言で言っても、


ライダースジャケットや、


フライトジャケット、


リアルムートンや、


ゴートスキンまで、


その種類は 限りなく あります。










仕事において、


兵庫県から東北まで、


自家用車で走りまくる、


営業マンと言う名で、


各地の山々 峠を超える、


好きでえらんだ 車のり ですので、


目を引くジャケットは、


「トラッカージャケット」です。





















トラッカージャケットの詳しい事は、


→ こちら で お願いします。









この、


トラッカージャケットの、


「 ど! 定番! 」と 言えば、、、、、、、、








何と言っても、


Aero Leather Clothing,Ltd. : エアロレザークロージング の、


「 ハーフベルテッド 」 です。











 








なぜに!?


こんなに長い間、


人気であり、


「定番」となって、


今もなお 愛用者が絶えないのか???










日本での その 人気の理由として、


1994年に放送されたTVドラマ


「若者のすべて」



















この劇中にて、


当時 SMAP :スマップ の、


木村拓哉 さん が、


着ていたことにより、


事実 若い人たちにも、


その ジャケット が 広まりました。











このタイプの原型は古くて、


1930年代から作られており、


Aero が 手掛けるのは、


1980年代の後半からです。




















そもそも、 


Aero Leather Clothing,Ltd. : エアロレザークロージング 社 は、


イギリスのロンドンで、


廃品回収業者をしていた、


ケン・カルダーが、


古着の販売を手がげて、


「枯渇する在庫を補うため」と、


古着のレプリカを細々と作りはじめました。








当初は、


デニム リーバイスジーンズや、


ミリタリーアイテムなどの、


USEDやリメイクをビジネスとして、


手掛けていきます。






















着々と事業を広げた彼が、


故郷であるスコットランドに戻り、


改めて 1985年に創業したのが、


Aero Leather Clothing,Ltd. : エアロレザークロージング 社


です。










創業当時、


ロンドンで行っていた事業内容から、


古いレザージャケット、


タイプ A-2 






















などを、


復刻する作業をしていましたが、


リアリティーが表現できず、


ケン は 納得いきませんでした。









ここから、


覚醒して 目覚めます !!!!!!!!









フライトジャケットと言う、


歴史をたどる中で、


その 途方もなく、


人と時間と金を投資して、


アメリカ軍が開発したクオリティーを、


再現するために、


それにふさわしいマテリアルを、


必死で探求します。










そして出合ったのが、


Horween :ホーウィン 社 です。




















アメリカはシカゴにて、


1905年に創業された、


皮革鞣しのメーカーであり、


徹底した変わらぬ伝統手法で、


100年以上にわたりレザーに関して、


他の革と比較出来ないほど、


美しく繊細で、


なおかつ屈強な面も持っている、


唯一無二のと言う程の、


存在感があるレザーを提供しています。









そこで契約を結び、


手に入れたマテリアルが、


「フロントクオーターホースハイド」









「最高の馬革」とも称されている、


この革で、


手掛けるアイテムは、


フライトジャケットだけには、


収まりませんでした。










そして、


誕生したのが、


エアロ社製 ハーフベルテッド です。



















1986年から、


ヴィンテージのリアル感を持った、


ホースハイドのを使い始め、


更に名作となる「ハイウェイマン」も、


リリースします。



















これにより、


トラッカージャケットと言えば、


Aero Leather Clothing,Ltd. : エアロレザークロージング 社


となって、 


現在も、 


一度そのジャケットを、


手にした愛用者の心を離さずにいます。









最近の、


かるぅ~い、


アパレル と言う名の アイテム しか、


知らない人が、


このジャケットをみたら、


引いてしまうかも です。









この、


分厚く重いジャケットを、


キムタクのようにカッコ良く、


いつも着こなしている人は、


お腹が出ている事はありません。









どんなに軽いジャケットを着ている人でも、


肩こりをしている人がいますが、


間違いなく、


意識して ハーフベルテッド を、


身にまとう事をお勧めしますが・・・・・・・・。
















読んで頂いて、


ありがとうございました。




ぜひ!


お時間ある時に、


また、


お越しください。



宜しくお願い致します m(__)m














「仕事の達人」と言う名の、ほゞ70年に渡り作り続けれているブーツ!家族の工房から始まり、需要を掴んだジョブマスターとは!? [Boots の はなし]

1938年から造り始めて、


現在も世界中で愛用されている、


「仕事の達人」と言う名のBoots。




















その名の通り、


様々な仕事に対応できることから、


この名が付けられました。











ブランドの中でも、


最も人気なモデルであり、


カスタムの種類も豊富で、


アーティスティックなお洒落度が高くて、


仕事だけではなくタウンユースにも、


好まれ、


愛用されているブーツです。



















そのブランドは、


John Henry Shoemaker : ジョン・ヘンリー・シューメイカー が、


1918年に、


ロガーブーツをメインとした、


ハンドメイド・ブーツメーカーとして、


工房を開いたのが始まりです。










当時は、


職人を雇う余裕がなかったため、


妻と子供6人で協力し合い、


家族8人で、


良くて1日8足という生産効率で、


ロガー : 

(木こりと呼ばれる山林の伐採を主とした仕事をする人)



の現場に足を運び、


直接ブーツを販売していました。










Wesco : ウエスコ です。




















このブランド名は、


West Coast Shoe Company ウエスト コースト シュー カンパニー


という頭文字の略で、


Wesco : ウエスコ と言うのです。









WHITE'S BOOTS : ホワイツブーツ と並び、


「キング・オブ・ブーツ」と称される、


ワークブーツブランドの ちょー老舗であります。




















創業当初に手掛けていた、


ロガーブーツは、


名前のごとく、


山林で働く人たちに向けたアイテムで、


そのブーツのど定番となるのは、


くしくも、


WHITE'S BOOTS : ホワイツブーツ の、


スモークジャンパー です。




















Wesco : ウエスコ が、


ジョブマスターを作り始めた 1938年は、


アメリカで移動の動脈となる、


鉄道のインフラ整備作業が、


需要を増していきます。










伝説Bootsである、 


Jobmaster :ジョブマスター は、


その 鉄道ラインワーカーに、


大ブレイクします。










その理由は、


スチールtoe つま先の鉄芯 です。










屈強な男たちのみならず、


女性も 労働の現場で、 


たくましく仕事をしていた時代に、


男女問わず 何トンもある レールを前にして、


バッキバキに仕事ができるブーツが、


ウエスコ ジョブマスター だったのです!





















鉄が入っている為、


重いわけですが、


常にこのブーツを履いている人は、


この重量が当たり前であり、


「下半身に肥満の問題を持っている」


なぁ~んて人は、


履きこなせませんかねぇぇぇ??? 










ですが、


何の達人であっても、


自分が毎日愛用することで、


「無意識的にダイエットに成っている」


ともいえるでしょー!










レースアップのスチールトゥであり、


クラシックブーツである、


ウエスコ ジョブマスター。





















さまざまな職業に適応するように、


カスタムの幅を広くされた、


無骨な雰囲気から、


一気に落ち着いた佇まいのアイテムも、


あなたの足へと変化していきます。























お時間頂いて、


ありがとうございました。








また、


お時間ある時に、


ぜひ!

お越しください。





宜しくお願い致します。














実は、愛用者数は、国内最強かも です! 間違いなく言える事は、販売網は国内最強ですよ!激動時代を駆け抜けました。 [本職より凄い!工具・Tours・道具 ]











それは、


工業製品からビジネスモデルや、


イベント活動も含め、


幅広い領域を対象として、


毎年、


「 デザイン が、優れた物事 」に対して、


贈られる賞であり、


「公益財団法人日本デザイン振興会」二よる主催にて、


日本で唯一の、


総合的デザイン評価・推奨の仕組みなのです。













「 グッドデザイン賞 」 です!












「特別優れている」


とは、


言えないかもですが、


オーソドックスで、


使えて比較的安くて、


壊れない と言う事は、、、、、、、、








優れていますよね !!!!!!!!























その会社は、


大阪市新町南通に、


鉄管継手販売の宮野商店を、


1931年という、


日本軍の一部が、


国境を超えて満州に出動したこの年に、


創業開始します。











激動と終戦を越え、


スパナ専門商社を、


大阪市西区で、


1949年に設立します。










その2年後となる、


1951年に スパナ専門商社 を改組して、


新たに 金属の 株式会社を設立します。























1954年に、


製造部門が分かれて、


また新しい 株式会社を、


大阪府布施市に設立。









そして、


「組織 アサヒ会」をつくり、


全国的に 販売経路を 拡大します。











その後、


それとは別に、


1957年、


通商産業省によって、


「グッドデザイン商品選定制度」が、


創設されます。











まだまだ発展途上の中で、


機械工具企業は、


その3年後となる、


1960年に、


本社工場を、


大阪府八尾市に新築拡大移転をはたします。





















東京営業所 を 1962年に開設し、


それから8年後となる、


1970年に、


新日本ツール株式会社を設立。










1976年に、


九州鹿児島で 「日本初の五つ子ちゃん」が、


産れた事とは、


関係ないと思いますが、


九州福岡に 営業所を開設します。





















さらにその6年後、


1982年に、


一気に現在のカタチへと、


事業規模拡大として、


新潟県三条市の、


株式会社三条アサヒと、


新潟県新潟市の、


株式会社新日本鍛工を吸収合併し、


本社工場を、


新潟県の吉田町に新築移転します。










そのブランドは、、、、、、、、




新潟県にある、


作業工具の総合メーカー


旭金属工業株式会社が運営する、


「 ASAHI Tours 」 です。










ちょうど 10年前となる、


2007年に、


新日本ツール株式会社を吸収合併し、


サンデーパパに強い、
 

DIYアイテム企業 と言う地位を、


不動のものとします。





















そして その 仕事は、、、、、、、、








ASAHI Tours 


レボウェイブ コンビネーションスパナ が、


グッドデザイン賞 2008 を 受賞






















ASAHI Tours 


ダックスキー 六角棒レンチ が、


グッドデザイン賞 2010 を 受賞






















ASAHI Tours 


キャッチャーレンチ が、


グッドデザイン賞 2011 を 受賞






















ASAHI Tours 


キャッチャー機能付六角棒レンチ が、


グッドデザイン賞 2013 を 受賞






















ASAHI Tours 


レボウェイブラチェットハンドル が、


グッドデザイン賞 2014 を 受賞





















と、


かなり・・・・・・・・







・・・・・・・・・・・・・・・・GOOD です!



















お時間頂いて、


有難うございます。





また、


書かせていただきますので、


ぜひ!


お越しください。





宜しくお願い致します。

どんなアイテムでも「自分にピッタリ」は「究極」です!それが「ブ-ツのオーダーメイド」は「超究極」なのです!!! [Boots の はなし]

ある一人の職人は、


「プロダクトは、万人受けを狙ったものではありません。」


と・・・・・・・・



















日本有数の実力を持つ、


ブーツの、


リペア&カスタムを行う、


ショップが手掛ける、


オリジナルブランド!











「CLINCH : クリンチ」 です。






















全てを、


ハンドソーンウェルテッド(主に靴の手縫い製法)で、


作っているので、


そもそも大量生産はできません。












「 カカト が 小さい 日本人 」


の足を考慮しているものの、


現代人に多い足の形も考えて、


使っている2種類の ラスト(足のひら部分に当たる木型)


は、


細めです。






















究極と言える特徴が、


ビスポーク手法
(お客様の詳しいオーダーを聞きながら、仕上げていく方法)


で、


一つ一つ手作りのインソールです。











店舗にて、


オーダー会をすることがあり、


ユーザー一人一人の足型をとって、


より、


フィットする、


世界でたった1足のブーツを作ってくれます。





















東京都世田谷区で営む、


BRASS :ブラス で、


リペア・カスタムから、


メンテナンスまで受けてもらえる、


渾身の1足が、


見つかる・できる・作ってもらえる お店です。

  ↓  ↓  ↓

http://www.brass-tokyo.co.jp/











オーダーメイドで、


Bootsが作ってもらえる、


オリジナルブランドが、


「CLINCH : クリンチ」なのです!





















経験値やレベルアップは、


何度となく失敗した事から生まれた事でしょう???










それが、


とても丈夫で頑丈な、


一人 ひとり が 全く違う、


ブーツですから、


へこまず続けれるスピリットは、


サイトを見てもわかりますが、


   本んんんーーー当ぉぉぉーーーに!!!


ブーツが好きなンですねぇぇぇーーー!




















私も、


そんな一人ですが、、、、、、、、








お店は 1200キロ 先なのですねぇぇぇ・・・。









雪が解けたら・・・・・・・・考えます。



























お時間を頂きまして、


ありがとうございました。






ぜひ、


また 覗いてやってください。





宜しくお願い致します。












「フォード 」と「GM」に勤務した、「宗一郎」が作った、海外エンジニアに、チョー人気の無敵の工具とは!? [本職より凄い!工具・Tours・道具 ]

「 宗一郎 」


と聞くと、


「 ホンダ 」の創業者である、


「 本田 宗一郎 」


を、


連想する人が、


多い事でしょう。
























ですが、


もう一人別の 「 宗一郎 」 さんを、


ご紹介します。









その 宗一郎 さんは、


1889年に、


静岡県城東郡で生まれました。








現在の掛川市です。












1907年に上京して、


当時の正則英語学校に学びます。












のちに、


アメリカ合衆国に渡り、


自動車学校を卒業して、


フォード・モーターの支店長宅で、


使用人として働きます。



















その日々も、


学びの連日だったかと思われます。









運転手もやって、


整備などを こなすようになり、


フォード・モーターへの入社が認められます。












6年 勤務したあと、


1925年に、


フォード・モーターの日本進出となる、


横浜工場設立にともない、


日本に帰国しました。





















その後の1927年に、


大阪府に進出していた、


GM : ゼネラルモーターズに就職します。










しかし、


日米外交の悪化により、


GMは、


日本から撤退することをを決めます。









 宗一郎 が、


退社後の1940年に設立した会社が、


「 山下工業研究所 」



 山下 宗一郎 さんが創業した、


現在の 「 Ko-ken コーケン 」です。




















その後に、


故郷である 静岡県小笠郡佐束村で、


太平洋戦争終結後となる、


1946年に、


本格的に創業を開始します。










工具に詳しい者の間で、


よく知られており、


ヨーロッパでは、


極めて高い評価を集めています。



















海外では、


高級Toursメーカーとして、


扱われているほどであり、


一時は、


 Ko-ken コーケン 製品の、


偽物やコピー商品が、


出回る事態となった事もあります。












 F1 日本グランプリ が、


開催されたときには、


海外チームのエンジニアや、


メカニックスタッフが、


 Ko-ken コーケン を買い漁った事実があり、


どれほどの人気なのか!?が、


日本人としてを誇らしいです。


















 コーケン の、


国内外におけるの販売比率をみると、


日本国内が、


30パーセントにとどまるのに対して、


国外においては、


70パーセントに達しています。












高性能で、


特色あるオリジナル商品として、


トップモデルである、


 「 チタニウム合金ソケットセット 」


は、


☆ ムチャクチャ 軽い!!!!!!!!


☆ 薬品等でも!? 半永久的に! 錆びません!!!


☆ 強力磁場のある場所の、


  「医療関係・鉄道関係・発電所」などでも、


  磁力に まったく影響されません!!!!!!!!



















 物凄い!!!  工具 です!!!



















お時間頂いて、


ありがとうございました。







また、


お時間ある時に、


ぜひ! お越しください。





宜しくお願い致します。









「ハンドメイド」にこだわり続ける、「スタンダード・定番」とは、世代どころか、時代をはるかに超えた、口コミ拡散のキング! [Boots の はなし]













アメリカでの、


南北戦争より昔に、


ある男が、


ウエストバージニア州の、


林業従事者立ちのために、


滑り止めとして、


靴の底にを釘で打ちつけたブーツを、


ハンドメイドで作っていました。









男は、


南北戦争終了後に、


アメリカ北西部の、


木こり(森林伐採などに携わる労働者)


たちのため、


「世界で最も品質の高いブーツを造る」


と 目標を掲げ、


彼らが 「 木こり用ブーツ : ロガーブーツ 」


(ロガーとは 木こり の事) を、


本気で作り出します。











そのBootsを履いた労働者たちは、


その品質 ブーツの丈夫さや、


履き心地の素晴らしさを、


口コミで仲間へと伝え、


急速に、


そのロガーブーツと高い評価が、


広まります。











「キング オブ ブーツ」と称されるブランド、


 WHITE'S : ホワイツ の 起業ヒストリーです。

















「 ロガーブーツ 」自体の歴史は、


もっと古くからのルーツがありますが、


それを、


一般的に、


世に知らせしめたのは、


WHITE'S : ホワイツ です。












一言で 「 ロガーブーツ 」


と、


言っても、


何種類かありますが、


「ロガーブーツの代名詞」と言えば、


WHITE'S : ホワイツ の、


「 SMOKE JUMPER : スモーク ジャンパー 」 


です。




















White's Boots の、


モデルの中でも、


最もカスタムバリエーションが多く、


一目見れば 「 それ 」 と分かる、


ワイルドなデザインもあり、


他のブーツでは味わえない事が、


魅力の1つです。



















「 ロガーブーツ 」の、


名前の由来は、


「 木こり 」ですが、


スモーク ジャンパーは、


激しい仕事や状況に挑む、


消防士達やハンターと言った、 


ハードワーカーに愛され続けています。



















White's 独特の、


「ARCH EASE製法」(土踏まずの膨らみ)


によって、


絶妙で自然なフィット感を得られて、


「長時間歩いても疲れない」


というブーツであり、


インソールとアッパーレザーは、


「アイリッシュ・リネン」という、


極太の糸を使用し、


熟練の職人の手で縫製されて、


外部からの水の浸透を、


ほゞほゞ防ぎます。


















大多数のブーツメーカーが、


機械でのブーツ製造に移行して行く中で、


「ハンドメイド」にこだわり続けるホワイツは、


1915年に、


ワシントン州スポケーンに移転してからも、


現在も変わらずに、


最高のマテリアルで、


匠の製法で、


クラフトマンシップを誇りに、


100年を超える歴史を紡いでも、


むかぁぁぁ――――――――しからの、


アイテムを、


リリースし続けてくれています。






























お時間いただき、


ありがとうございました。





また、


ぜひ!


覗いてみてください。





宜しくお願い致します。












前の10件 | -


これも書かせて頂いています!
  ↓  ↓  ↓  
カバンBOOK です。
お時間のある時に、覗いてやってください m(__)m







RSS RSS1.0 | RSS2.0